あかりごと

我が父ながら・・・

P1010002-350.jpg

父にお茶の稽古に使うための茶杓を作ってもらっています。
父は洋服職人をしていたこともあり、
手先がとても器用で特にでなんでも自分作るんです。
たとえば三味線とか車のギアヘッド、灰皿・・・。
そんな父も茶杓作りには苦戦しているようで途中経過をのぞくと
これが結構工夫を凝らしているのです。
その1つが竹の茶杓の繊細な曲がりを出すために
なんとギグを作ってはめているのです。
ギグ作りの方が時間がかかったのでは?ないかと思いましたが
そのアイデアには脱帽でした。
本体は紅茶水で湿らせたようです。
なぜ紅茶水かは不明(笑)ですが、経過をまたお知らせします。
広島ブログ

水戸芸術館のタワー

水戸芸術館の広場にそびえるタワーは
建築家磯崎新が設計しています。
(余談ですがodaは磯崎新と誕生日が同じです。)
タワー建設に当たっては当時運輸省航空局から、
飛行機衝突防止のために目立つように赤白に塗り分けるか
点滅灯をつけるように指導されたという話。
(なんという感覚でしょうか;)
芸術館スタッフや設計者は
「措置をとらなくても十分目立つ」ことを
膨大な資料を作って説得したそうです。
この光のプリズムのような美しいタワーが
紅白だったらと想像してみるのも面白いかも・・・。
でも説得したスタッフの努力に感謝します。
P1010002-350.jpg
広島ブログ

佐藤卓展「日常のデザイン」

P1010010-350.jpg
広島から東京へそして東京から水戸までは
高速バスで2時間半の旅でした。
グラフィックデザイナーの佐藤卓は緻密にデザインを
構築していくデザインの職人のような人です。
彼の仕事の展覧会をどうしてもこの目で見たいと足を運びました。
「ロッテ・クールミントガム」や「明治おいしい牛乳」などの代表作が
そのまま立体作品になっていて日常と非日常の錯綜する楽しい空間でした。完成された仕事の解剖現場のようでどれも面白過ぎでした。
普段は手の中にすっぽり入って使うものが等身大になっているのです。
不思議の国のアリス?になった感じでした。いや、ガリバーかな。
広島ブログ

初釜茶会にて

昨年よりお茶の稽古に励んでいます。
今年の初釜の様子です。
床の間の設には飾りつけのバランスの原点を見るようです。

P1010098-350.jpg
炭火のぱちぱちという音は炭の香りとともに
心地よいご馳走になります。
静かにゆれる火もまた視覚にやさしい刺激をもたらします。
湯の沸くしゅんしゅんという音は松風(しょうふう)と
言われこちらも静かに味わいます。
お茶の稽古のあとがすがすがしいのは
五感がバランスよく使われるからかも知れません。・・・と
勝手に思っています。
P1010086-350.jpg
広島ブログ

夢み心地な目覚まし時計

今回は語らずにはいられません。
「暮らしにデザインを取り入れること」の大切さを
これほど感じるものがあったでしょうか。
そこまで私の想いを募らせるもの、それは目覚まし時計です。
目覚めのひと時を快適に過ごすかどうかは
一日、もしくはその後の時間に大きな影響を与えます。
私はかねてから目覚まし時計のデザインの「イケてなさ」に
がっかりさせられていました。
ただレトロにしたもの、シンプルにしすぎて時刻が読みにくいもの、
表面のデザインに懲りすぎて裏のアラームセットなどが使い辛いもの・・・挙げればきりがありません。
それが見つけてしまってのです!!!
P2160004-350.jpg
P2160006-350.jpg
無駄をそぎ落とした片手で握れるフォルム、
フレームは金属で適度な重量感、指になじむセットボタン、
そしてトップボタンでLEDライトが5秒だけ点くのです。
文字を読むこともでき、そのまま懐中電灯のかわりにもなります。
アラームを止める方法は裏ボタンとトップボタンの
どちらでもできるんです。
計算されつくした中にも遊び心を忘れていないところがいい。
これなら私の大切な寝起きの時間をあずけることができると
飛びつくように購入しました。
製造元はノア精密株式会社。色違いで黒あり。
価格は1500円位でした。
P2160009-350.jpg
広島ブログ

カテゴリー

アーカイブ

タグ