灯りを刻んでいく作業

ティカ.ティカでは現在キャンドルの灯りのゆらぎを白熱灯(またはLED)で再生で再現できるようプログラミング作業をしています。

実際にキャンドルの灯りを眺めならが炎の振れや明るさの強弱を刻んでいきます。

これが完成すると電球を入れた照明器具をキャンドル仕様のように表現することが出来ます。

地道な作業ですが灯りを彫刻しているようで楽しいです。

果たしてこれはデジタルなのか アナログなのか???

2016-06-08 06.50.30

和カフェ風インテリアの家(Y邸)

 大正ロマンな照明器具を散りばめました。

押し花加工は押し花作家の「みちる」さんに手掛けていただきました。

器具は1Fのトイレに設置しました。

2016-03-16 12.27.43

2016-03-16 12.29.45-1

 2016-03-16 12.18.54

 Tica.Tica INC . ←さらにこちらで見ることができます。

 

ルクシアタ 2015 施工風景

2015-12-11 18.09.02

実行委員の方々は入水して折薔薇の位置を整え、なお風で飛ばないように

設置も入念に行われていました。

冬の夜の水の中はとても寒かったと思います。地面でもしんしんと体が冷えました。

 

 

2015-12-11 18.09.34 (2)

ローラちゃんの傍らで接続作業に取り組むodaです。時間的な余裕がなく

ローラちゃんとは対照的な表情だったと思います。

 

 

2015-12-13 19.10.01

今年出番が来る100個目の折り薔薇です。

 

採れたて照明器具2 製作・取付編

中薗さん・たかはしさんとの企画製作の様子です。
3者発想の化学反応が面白い効果を生みそうでわくわくしたのを覚えています。

2014-11-052019_34_47-500

さしもの家具 たかはしさんは取付まで請け負ってくださいました。
製作と取付は別といった工程が多くみられる現場の中、
製作したものを自分の手で取り付けるというのは本来の姿のように感じました。
たかはしさん曰く、「わが子を嫁に出すような気分」という感想でした。

2015-02-242015_58_44-500

「トレッタみよし」2015年3月27日 オープンです。

サインの照明

サインの照明です。

大きなステンレス板が型抜きされています。
奥の壁との隙間5㎝のところに照明を入れました。

設計された建築家の土居さんと照明イメージを決めていきました。
ロゴマークと歯科名は現物に色を使うので白色のLEDテープライトで色味の邪魔をしないようにしました。

その下に広がる粒粒には電球色LEDテープライトを入れました。

建物の2階なので足場があるうちに上がって撮影しました。

普段は見られないアングル。
庇に映り込んだ明かりも幻想的できれいでした。

R0021422-500

むらかみ歯科(設計:土居建築工房)は呉市で今冬オープンします。

ある夜の輪っかの明かり

昨年、施工した福山医療センターのイルミネーションです。
満月に近いきれいな明るい光に照らされてイルミネーションもより輝きを増していました。
R0018072.jpg
Dc50.jpg
こんな明るい夜は、樹の左下の鈍くまぶしく光る街灯はいらないと感じます。
oda的にはおいしくない光です。
月の満ち欠けと共に街のあかりも調節できたらいいのになーと。
新月では100%の明るさ → 半月では50%の明るさ → 満月では0%とはいかなくても
10%くらいの明るさで点灯する街灯・・・・。
こんな街灯があったら月や季節の営みと共に明かりをもっと楽しむことができると思います。
そして明るくなりすぎた現代の明かり環境で失われてきています。
日本人の明かりに対する繊細な感性を取り戻すべく、月の満ち欠けセンサーをあえて現代の技術で作りたいです。
どなたか考えてみませんか? 一緒に。

壁のグラデーション

daisen.jpg
以前、木々の狭間に建つ家でご紹介した「大山の家」です。(設計:河口佳介+K2 DESIGN
竣工間近で工事も山場を迎えています。
現場視察に行き、あたりを歩いていたらこんな光のマジックを発見しました。
建物の位置と自然光の色味によって壁のグラデーションが出来ていました。
塗装色はもちろん一緒です。
私は建物の違った楽しみ方を発見したような喜びでした。
するとまたまた自然光からの贈り物がありました。
daisen2.jpg
西日によってもたらされた樹のシルエットが壁に・・・感動!
普段は人工の光でこのような光景をつくっている私ですが、太陽によって無作為につくられた景色の美しさ・ダイナミックさには敵わないなーと思いました。
あらためて自然光に畏敬の念を抱くのでありました。

木々の狭間に建つ家

R0016642.jpg
建築中の「大山の家」(設計:河口佳介+K2 DESIGN)の現場を視察に初夏の大山に行きました。
新緑眩しい気持ちよい天気でした。
R0016628.jpg
森の中に建設中のその家は、ほとんど木を伐採せずに工事が進んでいました。
まるで森に「少し、間借りさせていただきます。」という感じで謙虚に立っています。
足場のすぐそばに木が迫るという景色はなかなか見ることができないと思います。
人間の都合で自然のあり方を変えてしまうことは、自然の歪みを生み、長い年月を経てその代償を払う日が訪れると思います。
未来の環境のあり方を考えて今の自然との付き合い方を考えることは大切なことと改めて感じました。
この大山の家は、まさに自然と共生する家だと思います。
R0016612.jpg
照明計画はTica.Ticaでございます。

ラジオ出演で感じたこと

ラジオ番組に出させていただきます。
収録を体験しました。
仕事のパートナーである檀 工房の檀上さんと一緒です。
Rimg5916.jpg
テレビは経験ありますがラジオは初めて。
テレビは毎回緊張して硬ーい表情や話方になるのでいつも反省。
今回も戦々恐々でした。
しかし、
1人はないこと、生放送ではないこと、声のみの出演であるということ、そしてパーソナリティーの中根さんも美しく優しい方でとてもリラックスして臨むことができました。
そして実際とても楽しかったのです。
そんな状況が効をそうして爆笑珍トークがとれたようです。
中根さんから「お話が楽しくてカットできなかったので1回の放送予定を2回にさせていただきます。」と連絡がありました。
FMふくやま 「おはようときめきタイム」(9:00~11:15)
出演は10:30前後
WEBラジオでも聴けます。
ラジオのトークが2週放送になった背景は、
いろいろな良い要素が重なって緊張せず実力以上のものが発揮できたからだと思います。
そんな自分の状態をいつも作ることができたらすごくいいことですよね。
逆に言うと、
私にとって何が緊張をもたらす要素なのか・・・が分析できた経験でもありました。
私自身の緊張のメカニズム解明に一筋の光です。

人気もん!放送決定

人気もん!の撮影隊が東広島の家に来られました。
Odaの仕事の現場ということで施工中と施工後それぞれ撮影されました。
写真は光の撮影風景を引きで撮ったところ。
全員が光の下シルエットになってきれいです。
R0013459.jpg
光の撮影に照明さんが同行してきてTV的にきれいに映るように光を加えていくのです。とても興味深かったです。
放送日は、
6月27日(日)AM9:30~です。
ご興味とお時間が許す方は見ていただければ嬉しいです。

人気もん!撮影中

Odaがテレビ新広島の番組「人気もん!」に出演することになりました。
事務所や現場に来ていただき、
照明デザイナーの仕事をご紹介して下さいます。
R0013421.jpg
ナビゲーターは柳沢慎吾さん。(ピンクのTシャツ)
TVのイメージそのままでとても気さくな楽しい方。
そして緊張気味の私をギャグで笑わせてほぐしてくださいました。
帰りには窓から手を振って「がんばってねー。」と声を掛けてくださいました。
息ながく芸能界で活躍することも日常で人を思いやることも同じなんだなーと感じた感動の出来事でした。