どこか似ている風景

R0014519.jpg
豊島です。
小学校も講堂を建具でデコレートしたアート作品。
R0014438.jpg
高松港の船着場です。
R0014506.jpg
女木島の路地です。
どれも光を反射拡散させながら向こうまで続く小道です。
思わず駆け出したくなる場所です。
光のさざ波が見えるようです。

「くすっ」と笑えるもの

最近出会った「くすっ」です。
私は少し壺からはずれた笑いのあるものが好きです。
じわじわと後を引く面白さのあるもの。
デザインにもそんな要素を求めてしまいます。
なにも言わず見て下さい。
R0014156.jpg
ぽにょの舞台になったとも言われる鞆の浦で見つけました。
R0014039.jpg
この靴の持ち主は爆睡中。足とサンダルの運命を案じます。
R0014020.jpg
そんなに大きく名前を入れなくても・・・。
尾道の千光寺です。しかしよく合っています。

ひと口ごと味の変わる珈琲

1滴1滴ポコポコと小気味よい音。
小さい照明。
そして香り。
つやつやで漆黒にゆれる液体。
出来上がった珈琲は
ほのかな苦味から温度と共に甘くなります。
Ts3g0346.jpg
Ts3g0347.jpg
それらの要素がどれか1つだけ飛び出しても引っ込んでもだめ。
良いバランスで空間の中にありました。
残暑きびしい中、訪れた尾道でのひとときでした。
paraiso caffee

やーっさ! やっさ! やっさ!

三原市に「やっさ祭り」という夏のお祭りがあります。
やっさとは掛け声で特に言葉の意味はありません。
その祭りで踊る「やっさ踊り」は、
手招きしながら足を軽く打ち全体ででリズムを刻みながら進みます。
002a.jpg
そのときの掛け声が「やーっさ やっさ やっさ」です。
掛け声とともに踊り手のテンションも↑。
駅前から商店街を回って3キロ界隈を大人も子供も元気に踊り続けます。
こんな山車も見かけました。
青森ねぶた祭りの様です。
Ts3g0344.jpg
楽しいの「楽」の字は人が手を上げて踊っている姿だそうです。
やっさを見ていると楽 楽 楽 楽・・・楽が次から次へ。
見ているこちらも楽しくて仕方なくなりました。
来年は踊り手になっているかも・・・。

仙人も酔う島

黒船「平成いろは丸」に乗り込み、仙人も酔うほどの美しいと言われる仙酔島へ出かけました。
仙酔島は瀬戸内海国立公園内にあり鞆の浦のシンボル的な存在です。
R0013712.jpg
実は私、小学校2年生まで鞆に住んでいました。
海水浴場もあるこの仙酔島にはよく来ていたのです。
最後に来たのはもう30年くらい前なので懐かしすぎる風景でした。
時代とともに慎重に繊細に少しずつ手を入れて島の魅力をより引き出しているようです。
近年オープンした~人生観の変わる宿~「ここから」を尋ねました。
そこは名物の江戸風呂があり瀬戸内海を展望しながらゆったりとサウナや入浴をすることができます。
コースの中の「世界一の露天風呂」とは風呂から続く海水浴場です。
砂浜を歩くことで体に溜まっている余分な電気をアースすることができ、海水につかれば肌の殺菌や保湿効果があるそうです。
海水浴に来ている夏休みの学生さんや家族連れと混浴しました。
心身のリフレッシュを通りこしてリセットできた時間でした。
R0013731.jpg
まっすぐ行くと渡船場 左が「ここから」 手前が海水浴場

広島の夜は・・・。

R0013270.jpg
あるセミナーに参加した受講生の同窓会でした。
もちろん先生も参加。
セミナーは2日でしたが時間を越えて「点」では終わらない関係のようです。
こちらの店は3件目で同窓生たちが入っていくところです。
うしろ姿からわくわくとした様子が伝わってきます。
本当に楽しかったです。
人の出会いが「線」になる瞬間に立ち会っているようでした。
そして広島の夜の光はそれぞれがあまり主張しすぎず、雑多ではありますが調和し繁華街の気分を盛り上げてくれました。

内海町を10キロ歩いてみました。

R0013060a.jpg
ウォーキングのイベントでした。小さな子供も参加。
10km 30Km 50kmコースあり。
R0013061a.jpg
歩きながら町並みを撮影しました。
R0013063a.jpg
漁業の島ならではの風景です。筏で営業する魚屋さん。
看板に「島の魚はおいしいよ。」とありました。
R0013065a.jpg
内海大橋を歩道から撮影。
もうすぐ折り返し地点で疲れも折り返しぎみですが橋の上は絶景。気持ちよかったです。

ねぎ>麺 なラーメン

negi.jpg
来来亭のねぎラーメン。880円。
1日30食限定と写真にひかれて注文しました。
運ばれてきてびっくり。
麺がねぎに隠れて見えない・・・。まさにねぎが盛られていました。
食べ方はねぎの下の方からつゆでしんなりしたねぎとラーメンを絡めていただく。
糸のように細く長く切られているねぎの食感は新鮮でぴりっとして
背油のスープにアクセントが出てとてもおいしかったです。
お客様に見た目でも味でもサプライズを与えたいとのお店の人の心意気が感じられた一品でした。
ごちそうさま~。

東京がデザイン一色になる日

10月30日~11月3日は東京デザイナーズウィークでした。
年に1度各国の新進デザイナーが新作を持ち寄り発表するのです。
私は11月2日と3日に行ってまいりました。
メイン会場は外苑総合グランドですが新宿・青山・丸の内・銀座などインテリアショップや飲食店でも一斉にデザインイベントが行われるのです。
私個人はメインよりも周囲のエキシビションの方が見ごたえがあり楽しくもありました。
中でも東京ミッドタウンでの「デザインタイド」は会場構成も面白く作品も粒ぞろいのように感じました。
会場構成をしたのは谷尻 誠さん。
広島出身の建築家です。
R0011869.jpg
洞窟のような雲のような地上のような上空のような距離感のない不思議な空間になっていました。
感性の栄養をたっぷりともらって帰りました。
まんぷくまんぷく!

高松探訪

高松へ日帰り研修旅行に行きました。
宮地電機(株)を訪ねることが目的でしたがついでにいろいろと見学させてもらいました。
まず
イサムノグチ庭園美術館
丘に登っても作業場にも
其処彼処に生き生きとイサムノグチを感じる場所でした。
木漏れ日までもがデザインされていると感じました。
ノグチに彩られた光の体験をしました。
そして
宮地電機㈱さんのショールム 「LaVita」
デザイン性・実用性にすぐれてラインナップはぜひ実物を見ることお勧めです。
それから
金毘羅さん、緑薫殿(建築家-鈴木了二設計のモダンな社務所)、神椿(資生堂パーラー)に行きました。
R0011664.jpg
柱・梁はさび加工された鉄骨です。
荘厳な空間に絶妙なバランスでモダンさのスパイスが効いた空間でした。
R0011659.jpg
金毘羅さんの果てしなく長い石段では息切れ、そのご褒美は絶景。
海の神様は厳しく優しかったのでした。
今日は筋肉痛です。

坪庭のきらめき

福山市の和食レストラン「一」のランチをいただきました。
盛り付けの面白さには驚きました。
カプセルのような透明は器に溶岩石のようなお皿。
R0011637.jpg
R0011642.jpg
赤カブのカクテル(温)はシャンパングラスに入ってきました。
予想を裏切る演出にドキドキ。
味も繊細でとっても美味しかったです。
そんなドキドキの中、ふと振り返ると午後の日差しをためた気持ちよい坪庭がありました。
R0011646.jpg
緊張と緩和ですっかり気持ちを開放できた一時でした。

学校民宿

JCD(商環境設計家協会)のイベントで、
しまなみ街道を渡り、大三島へ行きました。
ここは元小学校で姿そのままに内容は民宿になっています。
R0011599.jpg
校長室は食堂へ教務室はお風呂へと変わり、校庭は駐車場やバーべキュースペースになっています。
すぐ脇が海岸で海水浴できます。校庭には宿泊客の浮き輪や水着が干してありなんとものどかです。
そして海の幸のバーベキュー。
古いものを大切に使いつづけることでそこへ新しい価値が見出されて文化になっていく・・・そんな良い例をみたような気持ちになりました。
R0011605.jpg