ざ・職人。

和風ランチとおばんざいの店のファサードをデザインしました。
青竹を使った計画で職人さんの腕が明暗を分けるといってもよい
現場でした。
しかし職人さんの繊細な下準備と豊富な経験により
建物に1つも穴を開けることなくあっという間に
竹格子が立ち上がっていきました。
いわゆるツッパリ棒の原理です。
工程・工法・工期ともに満足のいく仕事を見せていただきました。
お客様からもいい笑顔をいただきこちらも満足でした。

P1010022-350a.jpg P1010021-350.jpg
左は下地材がカーブを描く様子。右は施工後の様子。詳しくはHPで。
広島ブログ

0 返信

コメントを残す

会議に参加してもらえますか?
お気軽にご質問・コメントなどを入力してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA