世界初!の照明器具誕生

久々の更新になりました。
ここ1ヶ月ほど照明器具の開発をしていました。
ここではあえて一部をお見せします。
R0015905.jpg
テーマは有機ELを使って照明器具を作ること。
コンセプトは「モビールのような照明器具をつくることで有機ELの軽さ・薄さを表現する」です。
モビールとは、動く彫刻(キネティック・アート)の一種で軽い素材を、糸や棒で吊るし、特定の位置でバランスを取って安定するようにしたものである。人の手や風でゆらゆらと揺れその変化を楽しむ室内装飾品。
有機ELとはOLED(オーガニックLED)と言われ薄い・軽い・省エネ・水銀レスなどの特徴があり環境に配慮した次世代型の光源と期待されています。
このモビール型の照明器具は「Mo/bird」とネーミングしました。
モビールと鳥のバードをあわせた造語です。
苦心したところは実用性とデザイン性と遊び心のバランスをとること。
(重さのバランスをとることも相当難しかったのですが・・・)
モビールをモチーフにした照明器具は世界初ではないかと密かに思っています。
いかがでしょう。
この照明器具で使用した有機ELはLumiotecで製造販売されています。
そして・・・なぜモビールと照明が結びついたか。
それはモビールがたくさん飾ってある空間でのこと。
私はよくそこでランチを食べながらぼんやりとモビールを眺めていました。
そこでゆったりと風にまかせて漂うモビールを心地よく感じ、意識の奥に留めていたのだと思います。「Mo/bird」のヒントになりました。
そのフォルムが意識の奥深く入ってきていたのは、つくり手が思いを込めて1つ1つ作っているから。そして空間と調和しているから。
作っているのは、みっちゃん。飾ってある空間はLa casa de todos
目に見える形・見えない形で関わってくださったすべての人の「気持ちのDNA」でこの照明器具は出来上がっていると思います。
そしてまたどんどん細胞分裂していくことでしょう。
皆さん、本当にありがとう。
どうぞこの次もお楽しみに。

光の化学反応

ここ2週間ほどクリスマスやイベントの飾り付けの仕事をしました。Tica.Ticaの仕事です。
tree1.jpg
東広島の家のイベント「gift」で2mのツリーを。
tree2-1.jpg
tree2-2.jpg
あるパーティー会場で3mのツリーを。
tree3-1.jpg
tree3-3.jpg
tree3-2.jpg
AREA ギャラリーのイベント「見えないカタチ展」では建物全体を。
クリスマスツリーやイルミネーションにおいて、
Tica.Ticaの手法は光そのものをデコレーションしていくことです。
凝ったオーナメントや華やかな色合いには固執していません。
だから一般に言われるクリスマスツリーやイルミネーションのイメージとは少し違うかもしれません。
光そのもののカタチや色を種類の違う電球同士合わせたり重ねたりして、いわば光を化学反応させたような仕上がりを目指しています。
一瞬で目を引くものではなくじわじわと見る人の感性深くに届く「光のデコレーション」になれば嬉しいです。

今年もイルミネーション

福山医療センターの「くすのきのイルミネーション」を施工いたしました。
今年で4年目になりますが今回は手法を変えました。
「外を飾る」から「中から外を照らす」へ
取り付け担当の檀工房 檀上さん・oda弟 以前にも増して本当に大変でしたね。
ありがとう。
R0014965.jpg
完成はまだお見せできませんが点灯式は12月1日です。
来年の3月まで17時~22時まで毎夜点灯いたします。
毎年楽しみにしてくださる人がたくさんいると聞きました。
ぜひ足を運んでいただければ嬉しいです。
点灯後の完成写真や詳細はHPへ後日UPいたします。

「東広島の家」オープンハウスします。

R0013259a.jpg
TSUKURIYAプロジェクトVol.1「東広島の家」が完成間近です。
オープンハウスを行いますのでこの機会に是非迫力のある建築を見てみてください。
設計:河口佳介+K2 Design
ライティング:Tica.Tica
施工:株式会社荒谷工務店
日時 6月6日(土)・6月6日(日) 2日間 10:00~16:00
場所 広島県東広島市八本松東2丁目246-43(もみじヶ丘団地内)
問い合わせ TSUKURIYA 0120-17-2908 

バラ公園ライティング

ツボミのほころぶバラを横目に眺めながら、公園のライティングを行いました。
写真は公園中央のパーゴラに配した光です。
このパーゴラ、実は1日前にライティングすることを決め、当日機材を整え(oda私物)現場でバランスをとりながらデザインしました。
図面なしの一発勝負です。
出来は写真のようになりました。
パンチングメタルの抜け感とつや塗装の素材に助けられて予想以上に光のボリュームが出ました。
行きかう人の「わー、きれい」の声を聴くことができました。
R0013236-350.jpg
こんなLIVE感たっぷりのライティングは毎回緊張しますが、
取り付けにあたったスタッフは、「まさにTica.Ticaの真骨頂」と自画自賛していました。
そのほかにも園内外を光で味付けしていますので
ぜひ夜のバラをご鑑賞ください。
5月16日まで毎夜10時までライトアップ。
駐車場も10時半まで開放。