時節を刻む照明と新光源の融合

クライアントのリクエストは「通り全体が暗いので明るくしたい」「イルミネーションではなく建物ライトアップ」でした。
建物のスケールを活かした間接照明と時節により選べるプログラム制御を提案。

地方都市ではまだあまり使われていなかったCCL(コールド・カソード・ランプ)を採用。

メイン撮影:檀上鎮通

H21.10

よしだレディースクリニック

広島県福山市新涯町

外観照明計画

照明器具製作取付

演出プログラミング