日本の光をリッチに

照明デザインは、形を持たない光をつくる仕事です。

形が無いものだからこそ空気感・気配をつくることが出来ます。

日本には陰翳礼讃という明かりに対する美意識があります。

光と陰の妙こそ、空間が求める明かりの在り方と思います。

豊かな陰翳は豊かな光を伴います。
ただ明るいだけの光に待ったをかけることも照明デザインの仕事と考えます。
陰翳の美意識を現代の照明技術で再現し豊かな光文化の再建を。

Tica.Ticaは「建築に陰翳を活ける」ことをモット―に光と陰のドラマをプロデュースし続け、豊かな光環境に貢献することを目指します。